生理が不順なのは閉経が近いから?

40代・50代の女性の輝きをサポートするアムールエミナ 宮路ゆかりです。

この年代の女性は閉経に向けて生理が不順になったり、すでに閉経している方もあると思います。

30歳を過ぎると少しずつ卵巣の老化が始まり、40代に入ると本格的に老化が進みます、悲しいけれど。そして、排卵できる卵子がなくなると「閉経」となります。

それまで規則的にあった生理周期が乱れると「いよいよ閉経か?」と考えてしまうのが、成熟世代ですよね。

わたしは今のところ定期的な周期で生理があります。仕事柄、卵巣や子宮に意識が向きやすいこともあるおかげか、ストレスが多かった30代よりも安定しています。

ただ昨年、どうしても生理日と重なっては困る日があり、クリニックで処方を受けた中用量ピルを服用してから、新月排卵・満月生理だった理想的なリズムが、きっちり半月ズレて満月排卵・新月生理のリズムになっています。1年ちかく経つのに…。 卵巣に「ごめんねー」と思いながら、閉経までに本来のリズムに戻そうと秘かに燃えています(笑)

今は規則的に生理がありますが、40代前半に生理日以外の出血があり、閉経の兆候かと婦人科を訪れたことがありました。内診と血液検査をした結果、そうではないことがわかり、こんなに簡単なことで診断できるんだわと思った記憶があります。

血液中のホルモン測定をすることで卵巣の働きがわかります。脳下垂体から卵巣を刺激するために分泌される「黄体形成ホルモン」と「卵胞刺激ホルモン」、卵巣から分泌される「エストラジオール」(卵胞ホルモン=エストロゲン)の3種類が測定されます。 こられのバランスが閉経状態に近ければ、閉経が近いとの診断。

何気ない会話でこんな話をすると「知らなかった」という方が多いです。「かかりつけの内科でも血液検査してもらえるよね?」との質問がくることも。もちろん内科でも血液検査をしてもらえますが、その後の診断のことを思うと婦人科へ行かれることをオススメします。

医師のお話を聞きながら、普段疑問に思っていることを質問することもできます。生理不順以外の疾患が初期で見つかることもあるかもしれません。

わたしは内診してもらったついでに「性器の形状が以前と違うような気がするんですけど」と質問したことがあります。年齢とともに形状も変わっていくためで、異常ではなかったです。こんなふうに実際に質問して安心できることはたくさんあります。

40代に入ったら、かかりつけの婦人科をもつぐらいのつもりでいいと思います。
「更年期に入ったのかな?」「閉経間近かも」と思われることがあれば、ぜひお気軽に婦人科へ行ってくださいね。

 

 


« »