大人のデパート探訪記

女性ホルモン力アップで成熟世代女性の健康美と艶を応援、アムールエミナ 宮路ゆかりです。

雑誌・アンアンで定期的に組まれる『セックス特集』。女性が好むセックスや、性愛シーンを彩るグッズが紹介されます。

女性数人がいるところにアンアンがあると、「わ~っ、こんなのどうやって使うの~!?」「あ~っ!コレ彼の部屋にあった~!わたしとは使ったことないのに、どうなってるの~(怒)」などと、かしましく盛り上がります。

そんな中、近く東京へ行く予定があったわたしに、掲載されているグッズを何か仕入れてくるようにとミッションが下りました。1年ほど前のことです。

さすがに1人で入るのは気恥ずかしく、男性の友人に同伴をお願いしました。友人はご丁寧にも、あるいは個人的興味からか下見までしてくれてました(笑)

いよいよ当日。秋葉原駅からメイド喫茶のメイドさんに声をかけられながら(ここにも入りたかった!)、向かったのは大人のデパート秋葉原店。黄緑色が印象的な、スマートで明るい外観。B1から6Fまでのフロアがあり「エロタワー」と呼ばれているそうです。

大人のおもちゃのお店というと、裏通りにひっそりとあり人目を忍んで入るイメージを持っていました。古~い、昭和の人!

本当にデパートに入るような感覚で、何の後ろめたい気持ちもなく入っていけます。

売り場に足を踏み入れると…。うわ~~~~~っっっっ!!

すご~い!

これだけ多種多様でカラフルなグッズが並んでいると、度肝を抜かれます!

おなじみ様々な職種や学校の制服から、数々のローション類やDVD。男性や女性の性器を模したものなんて、触ってみるとリアルな質感!中には、こんなビッグサイズ実在するのか?と思うほどの物も。

さらにセクシー下着(通常、布で覆う部分が逆に穴あきになっている物とか)や、熱くないローソクなどなど。

品ぞろえもさることながら、お店に来ている人にもすごく興味があって観察していたわたし。

高校生男子3人組は「うぉ~っ!すっげ~~~っ!」と鼻血を出さんばかりの興奮っぷり。
妙齢の女性と50代と思しき男性のカップルは、しっとりと品定め。
ブラック系のマッチョな男性は1人で、ひとつひとつ丁寧に見ています。縄師の技術の写真解説入りの本をしげしげと眺めたり。男性が立ち去った後、すかさず同じ本を手に取り、へ~っと訳もなく納得するわたし(笑)

それにしても性愛の嗜好というのは本当にそれぞれですね。その嗜好に応えるように、様々な工夫をこらしたグッズがズラリと並び、ふーん、まさに一大産業!

ところで宮路が何を買ったのか?

一度に色々見すぎて、すでにお腹いっぱい。思考力も薄れ(笑)、やっとの思いで女性用・紙ショーツ3枚入りを2パックお買い上げ!

でも、さすがにタダのショーツじゃないんですよー。水に濡れると透けて、手で破くと派手にビリッと音が鳴る!というもの。友人たち、活用してくれたかな~。

店内のスタッフは皆、若い男性で、しかも性の匂いを感じさせない中性的な男の子たち。大きな声で「いらっしゃいませ~」などと声を張り上げることもありません。なぜか、そろって色白の男の子たち。

レジで精算を待つ間、何気なくレジ周りに並んでいる商品を手に取って見ていると、スタッフの男の子が「あっ、それ新商品なんです。すっごくいいですよー」と、まるでコンビニ状態。レジ袋に店名を書いていないことぐらいが、通常のコンビニやデパートとの違いでしょうか。

店から表通りへ出ると、何事もなかったかのような日常風景が広がっています。

いやー、いい経験でした。大人の社会見学。おもしろかった~!

社会見学といえば、大人がPTA行事として大人のデパートへ見学に行ってみればいいと、わたしは真剣に思います。

PTAの成人教育委員会とかいう名称の委員になった時、裁判所へ見学に行ったことがあります。見学先のひとつに、大人のデパートも加えたらどうでしょう。恥ずかしくて引率が必要なら、宮路が喜んでガイドを引き受けますよ!

思春期の少年少女に対してセックスに興味を持つなと言っても、それはムリ。それなら保護者が、彼らがどんなものに興味を示すのかを見たらいいと思うのですよね。

その上で
セックスは体と心での全人的なコミュニケーションであること
新しい命を授かる行為であること
愛し合う者同士が合意の上で行うものであること
だから責任が伴うこと
避妊のこと
妊娠すると女性に負担がかかること
性感染症のこと
などを照れずに一緒に学んでいけるなら、すばらしいことだと思います。

大阪市民のわたし。こんなこと書いてると橋下さんに知れたら怒られるかしら?
子だくさんの橋下さんだから、きっと鷹揚に受け止めてくれるよね~!

 

 

 

 


« »