更年期バンザイ!顔と体のバランスがととのった。

女性の体と心にはたらきかけるサロン、アムールエミナ 宮路ゆかりです。

 

私、もともと体の左右差が大きいんです。

小学生の頃には脊椎側弯症の疑いありだったし、卒業写真なんか撮る時には「右肩を上げて」と必ず言われていたし。目も左右の位置と大きさが違っていたし。

そんな体の私が産後にバランスがた崩しになったこともあり、さらに歪みがひどくなったんです。

ひどい腰痛に悩み、それが骨盤の大切さを知ることになり現在の仕事につながっているのですが。

 

どうしてこんなことを書いているかというと、今日たまたまパスポートの切り替えが近いわーと思い、10年前の自分の顔を見ることになったから。

 

顔ぎえ~~~~っ!

なんだ!
この能面っぷりは!!

当時は微笑んでいるつもりだったのだけど・・・。

おまけに首が太短い(泣)

 

たしかに10年前は40歳だから、今より肌のハリもあり、シワやクスミも少ない。(目の下のクマは30代前半からずっとあったので、ここでもクッキリ)

けれども今は目の左右差が少なくなり、高さもそろってきているんですよね。クマもずいぶん薄くなりました。(公平を期すため、あえて美肌加工なしです)

そして、ちゃんと笑顔になっている。

 

で、あらためて思ったんです。

そういえば体も左右差が少なくなってきているなって。

 

現在の私はパッと見、左右差がない体に見えるかもしれません。

でもそれは、私の体が無意識にバランスをとろうとしているから。

しかも私のバランスのとり方って、小刻みにちょこちょこバランスをとっているらしいんですよね。

こういうところ、とっても私らしいと笑えます。

 

そんな左右差の大きい体が、特に今月に入ってから意識せずともバランスがととのってきているのを感じています。

小学生じぶんから40年ほども、自分の体の”バランスゼロ位置”の中心としていた骨盤のバランスが、無理なく変わりつつあるんです。

 

更年期は骨盤のバランスを取りなおして、体を立て直す時期なのですが、まさに今それを体感しています。

 

さらに、骨盤は”楽しむ”という意味合いもはらんでいます。

10年前の私は何が楽しいかなんて考える余裕もなく、骨盤とリンクする顔にも楽しさのカケラもありません。

この10年で骨盤の変動とともに体や心が少しずつ変わり、「この骨盤で、この体で、この顔で生きる」と心から思えたことで、”楽しむ”ことが身についてきたのではないかと。

そこへ更年期という骨盤が大きく変わる時期が重なり、体の変化に加速がついているように感じています。

 

今までの体は、それはそれで受けいれていたけれど、今は自覚をもって変わっていける喜びがあり、なんだか楽しみです♪

いまから10年後も「今の顔と体が好き」と言える自分でありたいと思っています。

 

 

 

 

【イベント情報】

【幸せの源泉”骨盤”を動かして、体も心もゴキゲンに】
2015年8月30日(日) 10:00~12:0

【しなやか骨盤・やわらか子宮が生みだす“ふんわりおむすび”】
2015年9月8日(火) 11:30~14:00

 

 

 

 

●アムールエミナ ホームページ ⇒ 

●電話 090-9252-6651


« »