エロ本を読む保育園児でした

今年に入ってからホームページの
リニューアル準備を進めていました。

 

で、仕上がったのがコチラ!
↓  ↓
http://amouremina.com/

 

 

今回のリニューアルは
ビジュアルも表現も
大幅に変更しました。

 

もう!

《色気》に特化しています。

《色気》だけです!

 

 

プロフィールのページも
色気がらみに変更。

長くなりますが
全文を掲載しますね。

 

********

1965年3月、奥出雲生まれ。

 

歳の離れた兄の影響で、
保育園児の頃から
学習雑誌とともに
エロ本を気軽に
手にできる環境で育つ。

兄の結婚により
小学一年生で《男女の性交》を
気配や声で知り、
ますます耳年増に。

しかし生まれてきた
甥の存在を感じることで、
性交を《よいこと》として
刷りこまれたのでした。

 

時はさかのぼり、
わざわざケタ違いの雪深い日を
選んで助産師さん到着よりも先に
自宅出産で生まれた私。

寒さで全身を紫色にして
母と祖母に
「もうダメかも」と
思わせてみたり、
その後も物心つくまでに
腸炎や肺炎にかかり
三度も死にかけてみたりと、
なにかとドラマチックに
《命》と向き合うことを
好んでいたようです。

 

長じて、中学校への通学路に
助産所がありました。

そこからは産婦さんが
陣痛に耐える声とか、
出産に臨む女性の、
カラダのずっとずっと奥から
出てくるような声が
聞こえてきます。

もちろん元気に生まれてきた
赤ちゃんの力強い産声も。

 

それを聞き思ったのは、
性交とか出産とか
《女性が“カラダ”を使って
何かを成しとげる時の声って一緒》
だということ。

《命》に向き合う女性の声って
この上なく美しいと!

 

だからといって私の人生が
順風満帆ということはなく・・・。

耳年増でありつつ、
引っ込み思案で根暗で。
そのせいもあって、
初めて付き合った男性と
結婚してからも自分を押し殺し
息苦しい日々を送っていました。
可愛いはずの娘たちを、
可愛いとも思えず・・・。

そんな中、二人目の産後に
腰を痛めたことがきっかけで、
30歳にして
“骨盤”や“子宮”の大切さを実感し
独学をはじめました。

 

33歳で夫と死別。
人に頼ることが苦手で、
カラダもココロもギリギリの毎日。
イライラの矛先が娘たちに向かい
ガミガミ母さんでした。
何も楽しく感じられない日々で
ますます自己嫌悪。

今から思うと骨盤も緊張の連続で、
骨盤が生みだす
性エネルギー(生命力)を
うまく巡らせることが
できない状態だったんですね。

 

そんなある日、
眉間の左側にクッキリ
深いシワを発見。
これは骨盤が根本原因だと思い、
当時は珍しかった
骨盤調整付きの
子宮エステサロンへ。

顔の施術は2~3回、
あとはボディの施術で
シワが気にならなくなりました。
それだけでなく、
自分が少しずつ変容していくのを
感じるようにも。

カラダだけでなく
ココロにもアプローチする
子宮エステメソッドに惹かれ、
レッスンを受け始める。
2003年のことです。
骨盤のことに関われる喜びで
気持ちが次第に前向きになり、
楽しさを感じている自分に
気づきました。

 

子宮エステサロンでの施術や
スクール講師の経験をつうじて、
女性のカラダとココロは密接に
関わっていることを実感。
さらに、セクシュアリティへの
意識が変わることで
加速度的に輝いていかれる
お客様の様子から
「カラダとココロの
バランスがとれていると、
女性はずっと艶めいて
幸せでいられる」と確信。

性エネルギー(生命力)を
生みだす骨盤の大切さを
伝えていきたいとの思いから、
2012年にアムールエミナをスタート。

 

ボディワークと
エネルギーワークを融合させ
骨盤をととのえて女性性を高め、
本来の艶と潤いを引き出す
【色気倍増骨盤トリートメント】、
カラダとココロ・性にまつわる
お悩みのカウンセリング
【艶ナビ】を提供しています。

2017年4月に再婚予定。

********

 

 

そう。

今日のタイトルの
エロ本を読む保育園児とは
私のこと!

 

 

あなたは
子どものころ
どんな本を読んで
いらっしゃいました?

 

スタートは
《絵本》でしょうか。

それは
おそらく私も同じだったと思います。
記憶にないけど。

 

そして忘れちゃいけないのが
小学○シリーズ。

 

『め○え』
『幼稚○』
『小学一○生』
・・・と続いていきますよね。

保育園では
『キンダーブ○ク』を、
園をつうじて購読していた記憶も。

園児の頃に肺炎で入院した時は、
お見舞にもらった
『ディ○ニーランド』も読んだっけ。

 

そこに
私の場合は
エロ本が混じってくるんですよね。

もちろん
カラーのヌードグラビアとか
セックス描写入りのマンガが満載!

 

それを
しげしげと眺めていた
保育園児の私。

 

ほかには
『少年マガ○ン』
『少年サ○デー』
『少年ジャン○』も。

「ハレン○学園」なんかも
当たり前に見ていました。

 

だって
エロ本も少年雑誌も
縁側の端っこに
山と積まれていましたからね。

『主○の友』とか
『家の○』(農協系の)とか
『家○画報』とかと一緒に。

 

2歳上の姉と
縁側に並んで腹這いになって
読んでいても、
近くを通る母からは
何の《おとがめ》もなし。

まあ
放任というか
放牧といいましょうか。

 

そんなことから、
完全に男性目線ではありながらも
男女の性交というものが
色々なバリエーションで
描かれていることは、
幼いながらにも
感じとっていたのかと。

 

だから
小学一年生で
兄夫婦の新婚初夜の
性交を気配で察しても
「ああ、アレね」ぐらいに
思えたのかもしれません。

でも
最初はビックリしましたよ。
音と声で「ケンカしてる?」と
勘違いしましたもの。

 

 

さらに
私が「幸運だったな~」と
思うことがあるんです。

 

それは。

私が接した男女の性交が
《両親》ではなかったこと。

 

もし
兄夫婦でなく両親の
性交に接していたら、
もっと生々しく感じて
男女の性交を
《よいこと》とは
とらえられなかったかも
しれませんから。

 

 

これは、きっと
私にしか体験できなかった
過去の1つ。

しかも
その時にしか
体験できなかったこと。

 

そう思うと、
人生の何が先々に
つながっていくのかなんて、
まったくもって
わからないな~と感じます。

 

 

それから
《色気》と《声》の関係についても
ホームページの中で語っています。
↓  ↓
http://amouremina.com/concept/

これも
上記プロフィールで述べたとおり、
私なりの経験によるもの。

 

 

「こんな家に生まれて・・・」などと
自分の不遇を呪っていたことも
たしかにありましたが、
今となっては
ありがたい経験だったと感じます。

 

 

もうすぐ連れ合いを、
その私の実家へ紹介しにいきます。

まさか、もう一度
結婚しようと思うなんて
想像もしていなかったのだけど・・・。

 

これもまた
面白い展開だと、
自分のことながら楽しんでいます。

 

 

あなたも
子宮から生まれる色気が倍増すると、
思いがけないことが
待っているかもしれませんよ。

お楽しみに♪

 

 

 

**********************

《おしらせ》

 

◆東京・赤坂サロンでの出張トリートメント

3月25~27日

キャンセル発生!!

くわしくはコチラを

 

◆《色気学セミナー》◇女性限定◇

【私だけの色気を出して、もっと愛される!】

♪男性目線での色気について、
宮路と男性セラピストが対談します♪

2017年4月8日(土)
第1部 13:00~15:30
第2部 16:00~18:30

くわしくはコチラを

**********************

◆無料動画講座

『もう幸せにしかなれない!
愛される色気の作り方5つのステップ』

お申し込みはこちらから

**********************

◆メルマガ配信しています

読むだけで子宮から色気とツヤが湧きだす『女の色気学』
無料読者登録はこちらから

 

色気倍増骨盤トリートメントについては
アムールエミナホームページ

 

◆定期的に東京・赤坂で出張トリートメントをしています
スケジュールは随時お知らせします

**********************


« »