驚きっ! 男性への「もうすぐ、ご飯よ」は単なる〇〇でしかなかった・・・

色気を引き出すセラピスト
宮路ゆかりです。

 

 

私の連れ合いは
料理を作ってくれます。

レシピサイトを見たりしながら。

それをFacebookで
私が投稿するものだから、
いい張り合い(別名・プレッシャー)に
なってもいるようで(笑)

 

 

で、そんな連れ合いだし、
もともと
気遣いのしかたが
なんというか・・・

《お母さん的》

なんですよね。

 

何度
「なんか、お母さんみたい」
と言ったことか(*^ ^*)

 

 

 

それでも!

 

やはり
連れ合いは
男性なんだな~と
感じる出来事があったんです。

 

それも
私が、ご飯を作っている時に。

(たいてい私が作りますよ。
念のため・笑)

 

 

キッチンで
何品かの料理を仕上げ、
あと少しでテーブルに並べられる
というタイミングで私
連れ合いに、こう言ったんです。

 

「もうすぐ、ご飯よ」って。

 

 

 

そうしたら
連れ合いからは
「うん」だったか
「はい」だったか
了承したことが伝わる返事が。

 

 

 

しかしっ!

 

その後ですよ!!

 

 

私の頭の中に
「???」
が並んだのは・・・。

 

 

 

了承したはずの連れ合いは
まったく動きません。

 

 

はい。

1ミリたりとも!

 

 

 

あれっ?

 

私の疑問は
むくむくとふくらみます。

 

「もうすぐ、ご飯」と聞けば、
テーブルを拭いたり
お茶わんや、お箸を用意したり、
そんな
ご飯を食べるための準備を
始めるものじゃないの?って。

それをしないのは
いったい、どうして?って!

 

 

 

でも、ここで
私は悟るのです。
(偉いぞ私・笑)

 

 

そうだった!

男性は
してほしいことを
具体的に伝えてこそ
動いてくれるのだったわと。

 

 

悟ってからの私は、
もちろん具体的なことを伝えましたよ。

「炊飯器のご飯を混ぜて」とか
「テーブルにお茶わんを出してるから
ご飯をよそって」とか。

 

 

 

そうなのです。

私が18歳まで暮らした実家では
女がいっぱいいたので、
「もうすぐ、ご飯」という声が上がれば
女が動き出して
スムーズに食卓がととのっていました。

 

それが当たり前でした。

 

 

25歳で1度目の結婚をした私は
「家事は女がするもの」
という頭でいたので、
「もうすぐ、ご飯」ではなく
「ご飯、できたよ」と
声をかけていたな~と。

 

で、夫と死別後は
娘たちとの暮らしになり、
もちろん彼女たちが幼い頃は
全面的に私が担っていたけれど、
成長とともに
《察して動く》ことを
期待していたな~と。

 

 

 

そんなことを振り返りつつ
ハタ!と思い至ったのです。

《察して動く》ことは、
女性の得意分野だということに。

 

だから
男性には《察して動く》ことを
期待するのではなく、
《してほしいこと》を
具体的に言ってはじめて
《動いてくれる》ということに。

 

 

 

いやいや~。

長年の女ばっかりの生活で、
すっかり頭が《女性脳》モード
一色になっていました、私。

 

 

それでね、
このブログを書くに当たり
連れ合いに尋ねたんです。

 

「もしかして先日、私が
『もうすぐ、ご飯』と言ったのは、
単なる《お知らせ》として受け取った?」と。

 

 

そうしたら
連れ合いは即刻
「うん」って!

 

 

たとえば
洗濯機が洗濯終了の合図として
ピーピーピーッと鳴るように、
単なる《お知らせ》だと。

 

しかも
それは《お知らせ》というよりも、
「なんか音が鳴ってるな」
ぐらいの認識にしか
とどまらないと。

だから
女性みたいに、
その後の行動に
つなげることにはならないと!

 

 

 

もしかして
そうかな~と思いつつ
そう尋ねた私も、
あまりにも鮮やかに
「うん」と言われると、
なんだか
膝から、くずおれてしまいそう・・・。

 

 

そうなのね~。

 

そうだったのね~。

 

 

いくら《お母さん的》な連れ合いでも、
やはり《男性脳》の持ち主だったのね~。

 

 

 

さらに
連れ合いは言いました。

「前の嫁サンと結婚した当初は
『なんでも女のヒトが
やってくれたらいいじゃない』って。
だから
自分の手が届くところにあるモノでも、
『取って』と言っていた」と。

 

 

そしてまた
こうも話してくれました。

「今は『〇〇して』と言われたことに対して
『イヤ』と言ったことはないと思う」って。

 

 

 

ふ~ん。

 

思い返せば
そうなのですよね。

私が望むことは
なんでも叶えてくれる、
そんな連れ合いなのです。

 

 

 

これは、もう
連れ合いの
亡くなられた奥様に感謝をするばかり。

 

よくぞ育ててくださいました!と。

おかげで私は
とてもラクチンをしています。
ありがとうございます!と。

 

 

 

は~~~っ!

 

《男性脳》《女性脳》のことは
興味をもって接してきたけれど、
自分の体験がからむと
また、いっそう
現実味がありますね。

 

 

 

 

**********************

《おしらせ》

◆東京・赤坂での出張トリートメント

つぎは
7月8日(土)~10日(月)

メルマガから募集します

読むだけで子宮から色気とツヤが湧きだす『女の色気学』
無料読者登録はこちらから

**********************

◆無料動画講座

『もう幸せにしかなれない!
愛される色気の作り方5つのステップ』

お申し込みはこちらから

**********************

◆メルマガ配信しています

読むだけで子宮から色気とツヤが湧きだす『女の色気学』
無料読者登録はこちらから

色気倍増骨盤トリートメントについては
アムールエミナホームページ

◆定期的に東京・赤坂で出張トリートメントをしています
スケジュールは随時お知らせします

**********************


« »