ブログを書けません。連れ合いの娘が急死してしまったので・・・

色気を引き出すセラピスト
宮路ゆかりです。

 

 

 

このところ、まったく
ブログを書けていませんでした。

 

どうしても
ブログを書くことに
気持ちが向かわなかったんです。

 

 

 

だって・・・。

 

 

 

 

連れ合いの
ただ一人の子どもであり
たった一人の肉親でもある
最愛の娘さんが、
わずか34歳で
急死してしまったのですから。

 

 

 

連れ合いは
5年前に前妻さんを
糖尿病起因の病で亡くし、
もっと以前に
父親を亡くしており、
母親は昨夏に
私と付き合い始めてから
亡くしています。

なので、娘さんが
ただ一人の
《肉親》と呼べる存在。

 

 

その娘さんが
前妻さんと同じく
先天性の糖尿病起因の病で、
こんなにも早く
亡くなってしまうとは・・・。

 

 

 

連れ合いは頭の片隅で
こう思っていたと言います。

「娘も前妻と同じく
平均寿命までは
生きられないだろう」と。

 

 

 

それでも
父親としての
切なる思いで
「でも、せめて
僕を見送ってから」と、
望みをつないでいたところも
あるようです。

 

 

それなのに・・・。

 

 

 

 

 

連れ合いの悲しみようは、
もはや、私には
どうすることもできないレベル。

 

 

 

私は、ただ
嘆き悲しむ連れ合いを
見守ることしかできないのです。

その無力感といったら・・・。

 

 

なので
正直に言いました。

 

 

 

「私はアナタの悲しみの
全部はわからない。

『悲しいだろうな』と
想像することしか
できない。

だから私は
私にできることをするよ」と。

 

 

実際に
そうなのです。

 

 

 

 

でも
ひとつだけ
救いがあります。

 

 

それは・・・。

 

 

 

私が
ほんの少しでも
客観的に当たれたこと。

 

 

もしも
連れ合いと同じレベルで
嘆き悲しんでいたら、
なにひとつ
物事が進んでいかなかった
でしょうから。

 

 

 

そこは、せめても
ちょっと冷静でいられる私が
連れ合いの傍らに存在できていて
よかったなと思え、
救われるところなのです。

 

 

 

 

そしてまた
連れ合いとは
こんなことを話しました。

それは
私の夫が急死した時に
感じたことでもあります。

 

 

『人って
そんなに簡単には
死なないけど、
死ぬ時には本当に
あっけないものだな・・・』と。

 

 

 

 

今、連れ合いの胸の内には
娘さんとのキラキラした思い出や
親としてムッとした出来事や、
もしかしたら
今回のことがなければ
思い出しもしなかったアレコレが
去来していることと想像します。

 

 

それで
いいのだと思います。

 

 

 

それが
いいのだと思います。

 

 

 

そのことで
故人となった娘さんを
供養することになるのですから。

 

連れ合いにとっては
このうえなく
辛いことでしょうけれど。

 

 

 

 

実は私、
連れ合いの娘さんとは
数えるほどしか
会っていないんですよね。

 

この写真は
ちょうど1年前、
初めて会って一緒に食事した時の1枚。
↓  ↓

下戸の連れ合いをヨソに、
娘さんと日本酒を楽しく
酌み交わしたのでした。

 

 

 

 

 

私たちの付き合いや結婚を、
誰よりも祝福してくれていた娘さん。

もっともっと
色々な話をしたかったな~。

 

 

 

もっともっと
《父》としての連れ合いの
色々を聞いてみたかったな~。

 

 

 

 

 

 

でも!

 

 

 

この娘さんの父である連れ合いと
縁が結ばれてよかった!と
思えることがあるんです。

 

 

 

 

それは・・・。

 

 

 

 

父と娘で、
私からすると信じられないぐらい
言葉を交わして
時間を共にして、
思いを共有してきたこと!

 

 

 

それはもう、
連れ合いと付き合い始めの頃は
「えっ!?
娘さんに、私たちの付き合いの
そんなことまで話すの?」と、
ちょっと
父娘癒着を疑って
しまうほどだったんですよ。

 

 

 

でも、それが
この34年を重ねる中での
当たり前のことであると知ってからは、
むしろ
微笑ましく思ったものです。

 

 

 

いいえ!

 

いっそ
嫉妬してしまうぐらいの
父娘の
濃密なつながりを
見せてもらえました。

 

父娘の濃密なつながりを
早々と放棄してしまった私からすると、
「いったい、どうしたら
そんな関係になれるの?」と、
質問責めにしてしまいたいぐらいに!

 

 

だからなのか、
娘さんとは数回しか
会っていないにも関わらず、
私の感覚としては
もう
何百回も会っているような
思いになるのですよね。

 

 

それだけに、
娘さんへの思いが
募ってしまうのですけれど。

 

 

 

 

そんな
今の私の
正直な気持ちとしては・・・。

 

 

連れ合いが
娘さんのことを思いつつも、
自分を責めることなく
日常が滞りなく巡っていくこと。

 

 

 

それには
しばらく時間が必要なことは
じゅうじゅう
わかっています。

 

この数日の連れ合いと
いくばくかの思いを
共有できた私としては・・・。

 

 

 

 

なんだか
とりとめなくなってしまいました。

 

 

 

 

締めくくりに。
私が娘さんと
棺の蓋を開けて
最後のお別れをする際に
耳元でささやいた言葉を記します。

 

 

 

『私、お父さんと会えて
本当によかった!
ありがとう!!』

 

 

 

 

 

☆☆☆ ≪新企画スタート!≫ ☆☆☆

《色気のお稽古》

あなただけが
生みだすことができる
あなたオリジナルの色気を、
あますことなく出せる
カラダづかい&ココロづかいを、
みっちりと
とことんお伝えします。

 

第1回 10月1日(日)

 

詳細はメルマガで!
↓  ↓
読むだけで子宮から色気とツヤが湧きだす『女の色気学』
無料読者登録はこちらから

**********************

《おしらせ》

◆東京・赤坂での出張トリートメント
8月26日(土)~28日(月)【満員御礼】

その先は
10月14日(土)~16日(月)

メルマガから募集します
読むだけで子宮から色気とツヤが湧きだす『女の色気学』
無料読者登録はこちらから

**********************

◆無料動画講座

『もう幸せにしかなれない!
愛される色気の作り方5つのステップ』
お申し込みはこちらから

**********************

◆メルマガ配信しています
読むだけで子宮から色気とツヤが湧きだす『女の色気学』
無料読者登録はこちらから

色気倍増骨盤トリートメントについては
アムールエミナホームページ

◆定期的に東京・赤坂で出張トリートメントをしています
スケジュールは随時お知らせします

**********************

 


« »