ゴムも締めつけもナシ。しかも暖かい。そんなオリジナル・スカートを作りました

色気を引き出すセラピスト
宮路ゆかりです。

 

 

 

やっとできました!

 

 

何がって?

 

 

 

はい。

スカートです!!

 

 

ほぼ1年かかって
やっと念願のスカートを
作ることができ、
このたび
ご案内できる運びとなりました。

 

 

 

私、ゴムが苦手なんです。

 

加えて
縫い代の部分の
チクチクした感じがあると、
もうダメ!

子どもの頃からずっと。

 

 

だから
下着のパンツやブラはもちろん、
ボトムスのウエストゴムも苦手。

もちろん
カップ付きタンクトップも嫌い。

 

 

なので
下着に関しては
《空気パンツ&空気ブラ》で悩み解消!

しかも
極度の冷え性と最終的にサヨナラできた
オススメの商品。

私のサロンでも扱っています。

 

 

 

そうして
下着に関する悩みが解消すれば、
次はアウターです。
特にボトム。

 

 

 

女性ならではのボトムといえば
《スカート》!

 

 

 

そう。

 

 

裾が風をはらんで
ひらひらっと翻るのは、
気分が上がりますよね♪

 

 

 

でも
その肝心のスカートが・・・。

 

 

これまで私
既製品で好みにフィットするものと
出会うことがなかったんです。

 

 

 

たとえば。

・丈が長い又は短い
・色柄が好みじゃない
・今シーズン流行のシルエット
だとしても私は着たくない

・・・と、
「これなら穿きたい!」と
思えるものがなく・・・。

 

 

おまけに
身長152センチの私は
デパートで展開するサイズでいうと
《小さいサイズ》。

レギュラーサイズじゃないぶん
絶対数が少ないので、
その悩みは
さらにさらに深まるばかり。

 

 

 

は~~~~っと
ため息をつきまくった結果、
「こうなったら」と
私が穿きたいスカートを
オーダーしちゃえ!
という結論に至りました。

 

 

 

その
オーダー内容は
ここをポイントに。

 

・ウエスト部分を締めつけず
ヒモで結ぶ巻きスカート

・真冬でもタイツ無しで穿ける

・エレガントで大人カッコいい

 

 

 

・・・で
できあがったのが
このスカート。

昨年末にプロフィール写真を
撮る時に着ていました。

 

 

 

←フツーに歩いていると
こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←風をはらむと
こんな感じに広がります。

 

 

かなり深く巻き込んでいますから、
スカートの中が見える心配はナシ!

 

むしろ周りの人が
「おおっ!」と
どぎまぎするかも(笑)

 

 

 

 

 

 

 

←わざと裏を見せると
こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←そして、ただ
たたずんでいる時は
こんな感じです。
 

 

 

 

 

 

 

 

わかります?

 

 

このスカート
布が何枚も重なっているんです。

 

正確には【4枚】。

 

 

だから暖かいんです!

 

 

 

あなたは
聞いたことないですか?

 

「夏に和服を着るのは
暑くて大変!」と。

 

 

その
夏に和服を着ると暑い理由って
ご存知ですか?

 

 

 

そう!

 

《空気の層》ができるから
なんです。

 

 

 

和服って
ゴムをいっさい使わず、
紐や帯などの
伸縮性のないもので締めていく。

そして
肌着や襦袢の上に着物を重ねることで、
それぞれの衣服の間に
《空気の層》が生まれ、
それが暖かさを生むんですよね。

 

 

実は私、長いこと極度の冷えに
悩んでいたんです。

 

思いつくこと、
聞いたことを色々やっても
なかなか冷えから抜け出せない・・・。

 

 

でも、ようやく
「あれっ?!
冷えを感じなくなっている?」
と思えたのが、
ゴムによる締めつけを
無くした頃だったんです。

 

そして
和服の素晴らしさを
実感した時とも重なります。

 

 

 

そのことで
こう気づいたんです。

 

じゃあ
洋服を着ていても、
限りなく和服を着ている時の
カラダの状態を再現できたら
いいんじゃない?と。

 

そういう思いを巡らせた結果が、
このスカートなのです。

 

 

 

実際に
先ほどの写真撮影をしたのは
昨年の冬。

 

急激に冷え込み
大阪の日中の最低気温は
3度ぐらいの日だっだんですよ。

 

撮影の合間には
ダウンジャケットを着て
手袋をして・・・という寒さ。

 

それなのに
下半身はぜ~んぜん
寒さを感じなかったんですよね。

 

むしろ
屋外での撮影だからと
スカートの下に着ていった
長めの腰巻を脱ぎ去ったほど。

 

ちょうど小学生の下校時間と重なる
タイミングだったのですが、
大通りで小学生たちに背を向けて
巻きスカートをたくし上げ
腰巻をスルリと脱ぎ去れたのは、
身につけていた
どのアイテムもヒモ仕様だったからこそ
といえるのでは?と、
自己弁護よろしく思っています。

 

そうじゃなければ
脚を片方ずつ上げて、
いかにも《脱ぐ》という
動作をすることになりますから。

 

ま、いずれにしても
私の行いを聞いた人は
《痴女》呼ばわりしますけどね(笑)

 

 

 

そんなことで。

このスカート、
立派な名前があります。

 

 

【かるてっと】

 

四重の空気の層が暖かささを生む
《四重層スカート》だから
弦楽四重奏になぞらえて^ ^

 

 

 

このスカート。

 

昨年の春から
色々と試作を繰り返しつつ
改善を重ねてきました。

 

 

 

←第1作は
ベージュの濃淡で。

 

このスカートはリバーシブルで、
濃い色を表に見せてもOK。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←春から秋にかけて着ていた
ライトグレーのペイズリー柄。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←秋冬用には
先のプロフィール写真用の
ペイズリー柄に加え
無地バージョンも。

 

スウェード調です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで
冬に暖かいということは、
夏に暑いんじゃ?と
疑問が浮かんでいるかもしれません。

 

 

はい。

たしかに暑いです(笑)

 

 

でも冷房が効いている所では
暖かくていいのですよ。

 

 

 

しかし
暑さも生地によります。

 

今年は薄手の柔らかい
綿100%の生地で作ろうと準備中。

 

できあがったら
また写真を載せますね!

 

 

 

それで
このスカートを着ている時に
「それ、素敵ね!」と
言ってもらえることが多く、
実際に私のお客様も
お作りになりました。

 

 

色柄の組み合わせによっても
着る人によっても、
色々と違う表情を見せてくれる
スカートなのですよ。

 

 

お値段は生地によりますが
37,000円~39,000円(税別)。

 

生地を選んでからの注文制作ですので、
3週間から1ケ月かかります。

 

ジバンシィなどのオートクチュールで
腕を磨かれた縫製職人さんが
丁寧に作ってくださるので、
とても美しい仕上がりです。

 

 

 

そうそう
私のスカートでよければ、
サロンでご試着いただけますよ♪

 

 

 

四重層スカート《かるてっと》を
どうぞよろしくお願いします^ ^

 

 

 

お問合せはホームページよりどうぞ。

 

 

 

 

 

**********************

《おしらせ》

◆常設の大阪・谷町六丁目サロンに加え
東京・青山で
出張トリートメントをしています。

次回は
3月16日(金)~19日(月)

メルマガから募集します
読むだけで子宮から色気とツヤが湧きだす『女の色気学』
無料読者登録はこちらから

**********************

◆無料動画講座

『もう幸せにしかなれない!
愛される色気の作り方5つのステップ』
お申し込みはこちらから

**********************

◆メルマガ配信しています
読むだけで子宮から色気とツヤが湧きだす『女の色気学』
無料読者登録はこちらから

色気倍増骨盤トリートメントについては
アムールエミナホームページ

◆定期的に東京・青山で
出張トリートメントをしています
スケジュールは随時お知らせします

**********************

« »