愛される女性の体

初経から閉経まで

女性の卵巣には卵子のもとになる原子卵胞が、母親のおなかにいる胎児の時からすでに約700万個も詰まっています。

月経が始まって生殖期に入り、脳から卵巣に指令が届くと、そのうちの10~20個の原子卵胞が卵子を包んだ卵胞に育ちます。同時に卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌がスタート。

卵胞ホルモンは子宮に指令を出し、子宮内膜のベッドを作りはじめます。

骨盤は徐々に締まり、身軽に行動できる体のバランスになることで、性エネルギー(生命力)が高潮モードになり活発に。気持ちも上向きです。女性として本能的に男性を求める時です。

2種類の女性ホルモンの連携で妊娠出産のために排卵を繰り返すのが、閉経までの女性の体のリズムです。卵胞ホルモン分泌のピーク時に、卵巣の中でもっとも育った卵胞が選ばれ、発育していきます。約2センチに育つとポンと破裂して卵子が飛び出します。これが排卵です。

排卵時は骨盤の閉まり具合とともに性エネルギーが高潮期のピークに達し、上昇しきったエネルギーを解放する時です。卵子は卵管内に迎えられ、精子との出会いを待ちます。

排卵後には脳から、黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌するよう指令が出ます。すると、卵子が飛び出した抜け殻の卵胞が黄体に変化し、その黄体が、黄体ホルモンを分泌。

卵胞ホルモンが用意したベッドに、ふかふかのフトンを敷くのが黄体ホルモンの役割。このフトンで子宮内膜はさらに厚みを増し、いつ受精卵がやってきてもいい状態を整えます。

24時間、精子との出会いがなかった卵子はその命を終えます。使われなかったベッドは、次のベッドとの入れ替えにそなえて処分されます。分厚くなった内膜が子宮からはがれて体外に排出。これが月経です。

月経に向かっていく時の骨盤は徐々に緩み、性エネルギーも低潮モードになって、月経で低潮期のピークを迎えます。体がダルく感じたり、気分がのらないことも。

排卵で消費した性エネルギーを蓄え、再び高潮期へと向かいます。

このように、骨盤の開閉と性エネルギーの高低潮リズムに合わせ、2種類の女性ホルモンの連携で妊娠出産のために排卵を繰り返すのが、閉経までの女性の体のリズムです。

 

閉経するとホルモンのコントロールから自由になります

初経から閉経までは、生殖のためのホルモンコントロールのもとで過ごします。
そのおかげで、妊娠・出産・授乳という大事業をなしとげ、少々のことではビクともしない生命力と底力を与えられてもいます。

50歳前後で閉経となっても、60代でも卵巣は働き、少ないながら女性ホルモンを分泌します。では、妊娠・出産・授期を経験しなかった女性、経験しても幸せに過ごせなかった女性は、更年期や閉経をスムーズに経過できないの?

いいえ、そんなことはありません。

これらの体の仕組みは、女性として生まれながらに備わっているもの。実際に経験してもしなくても、どんな経験であっても、更年期や閉経への影響はありません。
そして、プレ更年期・更年期の変調の感じかた、閉経年齢も、ひとりひとり違います。

でも、どんな女性も等しく、閉経すると生殖のためのホルモンコントロールから解放されます。

更年期はつらい面ばかりが強調されますが、本来の意味の更年期とは、生殖のための体から、自分を生きるための体へと変わる期間のこと。
自分本位に生きていいよと、体がOKサインを出してくれています。

28日周期の骨盤の開閉リズムは更年期になっても変わりませんが、骨盤のリズムを一生のスパンで見ると、骨盤が開いて歪みやすい時期に当たります。
その影響が体や心に表れることも。

更年期は性エネルギーも低潮モードになりがち。
体の中でバランスをくずしやすいところ、過敏なところがダメージを感じやすく、それが不調の有無や症状の個人差につながります。

体調を崩さないように配慮しながら、気持ちは前向きに過ごしたいですね。

閉経後は女でなくなる?なんて、とんでもない誤解! 生殖から解放され、身軽に感じたり、したいことに集中できたりして輝きを増す女性も多いんですよ。

年齢をうまく受け入れて、いつまでも素敵に輝きましょう。

 

 

アムールエミナへのお問い合わせ・ご予約はこちら